ただイケじゃないですよ
珍しくコメレスオンリー、自己満的に長いですが(主にloloさん)

>>lololoaさん
もちろんコメントは大歓迎です☆loloさんの文章読むだけでも勉強になりますしw

さて、私が前回の記事を読んだのはまず本心・汚い心として
貧しい、両親がいない、何か不自由があるといった・・・
そういう何かに私は惹かれてしまうのです、その時にいつも「これは同情なのか?」
という感情が芽生えます、そういう嫌な人間なのです

とあるゲームで孤児院が出てきました
そこの子供たちと親しい少女が「あの子たちは親がいなくて可哀想」と言われたことに対して
「あの子たちは可哀想なんかじゃ・・・ない!」と憤怒していました
私はこの「可哀想」という発言に怒りを覚えなかったことに落胆を隠せませんでした
それ以来、この心は同情なのかと常に意識するようになり、未だに答えは出ません
しかし、おそらくloloさんの言うように私は彼らを「特別視」しているのだと思います

もうひとつ、この記事を読んだ理由として
私は中学校の頃、部活でバドミントンをやってまして
とある大会でろう学校(現在はおそらく呼び名が変わってるかも)の学生と試合をしました
試合前に聞かされて、見た目は変わらないのに、耳が聞こえない…
どう接していいのか分からず少しあわててました
とりあえずは試合前後にいつもより口を大きくあけて挨拶し
試合後にはいつもより笑顔で(試合楽しかったよと)握手
もちろん試合は全力でやりました、そうでなければ失礼だからと感じたからです
結果・・・ラブゲームにしました
このときにとった全ての行動が正しかったのか、私にはわかりません
やはり「特別」という視点が入っていたのは事実です

こんな理由もあってこの記事を読みました
いつかloloさんのように「普通に」接することができるように、努力したいと思います

支離滅裂の文章かもしれませんが失礼をば・・・


>>ますらをさん
私も毎日まとめサイトはチェックしておりますw
2chの方もちょくちょくチェックしてますがwww
まとめの米欄はなるべくみないようにしてますね、ゲッターもうるさいし
どこに行っても信者とアンチ、そして空気読めない発言はありますから
的を射ている発言ならば、仕方のないことなのですがね

見た目と中身、両方があればいいのですがねw
やはり最後は中身なのでしょう、見る・見てくれるまでに時間がかかるかもしれませんが
ここに一つの名言があります
男は中身 ※ただしイケメンに限る
頑張って生きていきたいと思いますw




大切なお話を聞かせて頂きありがとうございますm(_ _)m

私は数々の障害を持つ方を接しすぎた為か、逆に障害を持っている事に
何も感じなくなっています。彼らは私たちが考えているよりも数段たくましい
ですし、ハンデに関する適応力も備えていたりします。

これまで数々の困難な体験を乗り越えられた事を考えれば、私たちよりも
秀でている部分も沢山あると思います。そういう意味で考えれば、障害に
対する配慮は当然必要かと思いますが、それは日常的なマナーやモラル
と同程度だと私は認識しています。少なくとも常に手を差し延べるつもりで
接するのは、お互いの為に良くない事だと思っています。

むにゅこさんの体験談を読んで『可哀相』との発言に憤慨しなかったのは、
それがゲームの登場人物であった為に第3者として客観的に見ていたから
ではないでしょうか。

バトミントンの相手の選手は、きっとむにゅこさんへ良い印象を持っていると
思います。やはり、そのような気持ちって相手に伝わりますから。

むにゅこさんが対応に差があると感じられているのなら、それはきっと親近感
の違いだと思います。

前者はゲームの中の登場人物で実際にコミュにーケーションを図っているのは
ゲームの中の人たち。後者は実際に対面した人で、自分が何かしらのコミュニ
ケーションを図らなければならない状況にあった人です。

そうした違いが、むにゅこさんの言う落差を生んだのではないかと思います。
実際に孤児院出身の方と友人になる機会があったら、きっとむにゅこさんは
バトミントンで対戦した選手のように優しく接しているのだろうなと思います。

私も未熟者ですが、自分なりの回答をさせて頂きましたm(_ _)m
個人的にはこうした話が出来るのは嬉しく思います☆
また機会があれば是非語り合いたいものです♪(*^▽^)人(^▽^*)
【2009/06/12 00:33】 URL | lololoa #vaRefH5E[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ディメンションⅢ~ゲーム・アニメ~, All rights reserved.