※ネタバレ注意※

ちょうど昨日で発売から一ヶ月、ようやく終わりました
落ち着いて話していきましょうか

 
率直な感想
「どうしてこうなった・・・」
これをKey作品として出す必要があったのでしょうか

まずは体験版まで遡りましょう

2010年6月25日「クドわふたー」の特典としてRewrite体験版が付属してきました
当初私はこっちが本編だとネタにした記憶があります
ちょっと超能力を持った主人公の学園生活ものだと・・・
吉野に静流にルチアとても魅力的なキャラが印象的でした

2011年4月1日Rewrite 2nd OP公開
まさかのバトルもの・・・いやエイプリルフールか
まあ予め明かしてくれるならいいんですけどね

いざ発売
体験版部分はあまり変わらず
相変わらず会話は楽しいと思います

大きく分けて8つ
・共通ルート
・個別ルート×5
・Moon
・Terra

・共通ルート
大体普通の学園生活+ホラー要素、怖いけど会話は楽しい
(マッピー機能はいらないかなー)
序盤で質問される「世界に不服があり、それを変える力がある、変えるなら自分か世界か」
個別ルートにつながる話の肝ですかね
世界⇒ガイア視点、自分⇒ガーディアン視点
(言葉の意味はwiki行って下さい)

10月末から物語が大きく動き始めます
魔物(ガイア)とか超人(ガーディアン)とか「ああ、これが2nd OPにつながるのか」と
前知識がなかったらちょっと受け入れ難かったかも
でも戦うことがメインではありません

・個別ルート
一番納得できないかも・・・
要所要所で泣かせにくるし、キャラも立ててくれるし、挿入歌もすばらしい
でも最後、終わり方だけが悔しい、誰も救われていない感じがする
主人公+ヒロイン達は一応救われているように描写されていたりするんですが
自分的ハッピーエンドとはなっていないんですよね
無理のない妥当な終わり方として描いているのかもしれませんが
ハッピーエンド好きな私にはつらかったです


・Moon
理解は難しいけど、個人的に好きな話だったかも
でも救えねぇ・・・

・Terra
すべてがうまくいく方向を模索する主人公の物語
いわゆるガイア、ガーディアン闘争に関してですね
なんとなくはわかるけど完全には理解できなかった


最後までやって思ったけどあまり瑚太郎が好きじゃないのかもしれません
咲夜>吉野>瑚太郎

ヒロイン的に救ってあげたいのは静流と篝かなぁ

好きなBGMは「Honesty」、「散花」、「カーネーション」、「ヒナギク」
好きな歌は「恋文」と「偽らない君へ」、「渡りの詩」(、YO-SHI-NO)
早くサントラとボーカルアルバム出ないかな!

なんとなく世界設定が大きすぎてキャラ設定が小さく見えるように感じました
(すべては篝ルートのためなのかもしれませんが)


面白いですが世界設定の理解が難しいかなと
私が浅はかなだけなのか・・・100%楽しめた気がしない
2、3週する必要があるかも

別に批判記事にしてるつもりはありませんが
ちょっと思い描いていた作品とは別物だと思いました

途中でリトバスみたいにRefrainが存在するだろうなと思ってましたが
Refrainに対応した部分(Moon、Terra)の理解が難しくて戸惑いながらのプレイでした
個人的にはまだ麻枝さんの脚本が必要じゃないかな(願望)


評価割れてるだろうなーと思ってレビューサイト行ったら
割と評価高くてびっくりした、ロミオ人気か!
でもSFが受け入れられていない人もちらほら

やるなら鍵作品じゃないと思ってやったほうがいいです!!

うむ、記事がまとまらない
また何か書きたいこと思い出したらちょくちょく書いていきます

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ディメンションⅢ~ゲーム・アニメ~, All rights reserved.